HOME > 事業内容 > Bluetooth関連事業

Bluetooth関連事業

Bluetoothが世に出てから十数年が経ち、 スマートフォンの普及と共に、 日本でもようやくその存在が広く認知されるようになってきました。 当社ではかれこれ十年、Bluetoothが一般に認知されるようになる前から Bluetooth対応製品の開発に携わって参りました。 さてここでは、当社事業の柱とも言えるBluetooth技術について、 ユーザー視点に立ってご紹介させて頂きたいと思います。

Bluetoothのココがすごい!

持ち運びに便利
Bluetooth技術は当初からモバイル端末をターゲットとして開発されてきた通信技術で、省電力、小型、軽量と、 モバイル端末向けに三拍子そろった技術です。

低コスト
Bluetoothは近距離無線通信技術として最適化されている (無線通信としてのコストと精度のバランスが優れている)ため、 部品の製造コストが低く、安価なモジュールが手に入ります。

互換性
Bluetoothでは、通信用途によって「プロファイル」という 通信ルールを厳しく設けており、同じプロファイルに対応している 端末同士であれば簡単に接続通信することが出来ます。
(プロファイルの種類はたくさんありますが、 下記に代表的なものをご紹介しています。)

音楽再生ができる!

Bluetoothの主要用途の1つで、当社が最も得意としている機能です。 携帯電話や音楽プレーヤにヘッドフォンやスピーカをBluetoothで接続して、 音楽再生、音量、曲送りなどの操作もBluetoothを介して行うことが出来ます。

関連プロファイル
・A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)
・AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)


電話ができる!

Bluetoothを使えば携帯電話をポケットやバッグに入れたままで通話することが出来ます。 最近のスマートフォンでは、A2DP、AVRCP、HFPなどは標準搭載されていますので、 ヘッドフォンで音楽を聴きながら着信時には通話音声に切替というとても便利な使い方が出来ます。

関連プロファイル
・HFP(Hands Free Profile)
・HSP(Headset Profile)
・PBAP(Phone Book Access Profile)


スマートフォンアプリと連携できる!

スマートフォンのアプリと連携することで、Bluetooth機器の表現力が広がります。 多くの組込み機器では、ボタンやLEDといった必要最小限のユーザーインターフェースしか持ちませんが、 スマートフォンアプリと連携することで様々な機能を提供することが出来ます。

関連プロファイル
・SPP(Serial Port Profile)